診療案内

リハビリテーションセンター

診療時間

  日・祝
午前 9:00~12:30
午後 14:30-18:30

リハビリテーションセンターのご案内

当院のリハビリテーションでは、痛みや痺れ、疲れやすさなどの症状でお困りの方に対して、理学療法士・柔道整復師・鍼灸師がそれぞれの症状に合った治療を行い、地域に貢献できるような医療を提供することを目指しています。

膝・腰・首などの慢性痛にお悩みの方、骨折や靭帯損傷により手術をされた方、歩きづらさや転びやすい方などが、リハビリテーションの対象となります。また、スポーツ障害に対しても適切な動作指導やトレーニング法の指導も行っております。

身体のお悩みがある方は、一度、当院医師までご相談ください。

048-954-7751(リハビリ室直通)

2019年度リハビリを受けた患者さん約1,000名の内訳

2019年度リハビリを受けた患者さん約1,000名の内訳

昨年度(2019年度)リハビリを実施された方の集計です。
性別では女性が6割、年齢別では50歳以降が6割、部位別では腰関連のお悩みが最も多くありました。今年度(2020年度)は新型ウイルスによる在宅仕事が増えた影響もあり、腰にお悩みの方はさらに増えています。

リハビリを受けるまでの手順

初診の方

受付で整形外科の受診の旨をお伝えください。
Drの診察の後、必要に応じて看護師がリハビリセンターへ誘導します。

再診の方

受付で診察券とリハビリのご予約券をお出しください。
Drの診察の後、リハビリセンターへお越しいただきます。

当院でリハビリを受けられている方々の主な疾患

頭頚部

胸腰部

上肢(肩~指先)

下肢(股関節~足先)

スタッフ紹介

  • 加納 拓馬(部長)  理学療法士 修士
  • 松本 拓也(主任) 理学療法士
  • 藤原 秀平(主任) 理学療法士 修士
  • 山際 美紀     理学療法士 3学会合同呼吸認定療法士
  • 庄野 仁美     理学療法士 修士

  • 山崎 あゆみ    リハ助手
  • 吉谷 優子     リハ助手

非常勤スタッフ

  • 熊谷 雄基     理学療法士

学術活動

【学会発表】

  • Takuma Kano et al. The effect of different injured sites on spontaneous healing ability in complete rupture ACL. Orthopaedic Resarch Society (2019)
  • Hitomi Shono et al. The mobility of the foot arch during running affects the rotation angle of the knee joint  Orthopaedic Research Society (2019)
  • 庄野仁美 他.歩行における足部アーチの運動は後足部の運動に影響を及ぼす.日本基礎理学療法学術大会(2019)
  • 加納拓馬 他.自己治癒前十字靭帯の力学的特性に対して治癒期間が与える影響.埼玉県理学療法士学会(2019)
  • 加納拓馬 他.損傷部位の違いは前十字靭帯の自己治癒能に影響を及ぼすか(学会奨励賞).関東甲信越ブロック理学療法士学会(2018)
  • 藤原秀平 他.大腿四頭筋筋力低下は変形性膝関節症の発症に影響を及ぼさない~ラットモデルを用いた検証~.日本基礎理学療法学会(2018)
  • 藤原秀平 他.高負荷運動は膝蓋大腿関節において膝蓋骨軟骨の変性に影響する.埼玉県士会学会(2018)
  • 熊谷雄基 他.BODE indexを用いて慢性閉塞性肺疾患の再入院リスクを予測した検討. 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会(2018)
  • 熊谷雄基 他.COPD急性増悪による6ヶ月以内の再入院を予測―BODE indexを用いた検討―.日本呼吸理学療法学会学術大会(2018)
  • 松本拓也 他.重症下肢虚血により両下腿切断後,理学療法介入により歩行獲得に至った症例.日本理学療法学会学術大会(2017)
  • 松本拓也 他.踵の補高が後足部足底圧に与える影響.日本下肢救済学会(2017)
  • 松本拓也 他.下肢創傷患者の拘縮に対するボツリヌス(ボトックス®)療法を用いた治療経験.日本フットケア学会(2016)
  • 山際美紀 他.足部への介入により歩行立脚後期のふらつきが軽減した症例.長野県理学療法学術大会(2016)

ほか多数


【論文】

  • 松本拓也 他.重症下肢虚血患者に対するベルト電極式骨格筋電気刺激法の経験.理学療法 臨床・研究・教育(2020)
  • 加納拓馬 他.初回発症から再発を繰り返し長期経過した両側片麻痺に対する理学療法 - リーチ動作へのアプローチから歩容改善に至った一症例.理学療法研究(2016)

その他活動

  • 加納拓馬.公立大学法人 埼玉県立大学大学院 ティーチング・アシスタント(2019)
  • 松本拓也. FREE conference講師(治療期コース、アドバンスコース)(2016〜2018)
  • 加納拓馬.学校法人片柳学園 東京工科大学 ティーチング・アシスタント(2017・2018)
  • 松本拓也.アルケア株式会社共催 ハンズオンセミナー講師(日本フットケア学会・日本下肢救済・足病学会学術集会)(2016・2017)

「診療科」に戻る

草加整形外科内科

診察時間
午前9:00~12:00 午後14:30~18:30
休診日
日曜・祝日

048-927-5350(受付)

048-954-7751(リハビリ室直通)

FAX番号:048-922-6601

小泉医院遠絡医療センター

〒340-0016  埼玉県草加市中央1丁目1-18
 スカイツリーライン(東武伊勢崎線)「草加駅」東口より徒歩5分  交通案内