リハビリテーションセンター

足関節果部骨折

概要(疫学、症状)

足関節を構成する脛骨・腓骨の内くるぶしと外くるぶしの骨折。

捻挫によって発症することが多く、脚の骨折の中でも損傷頻度が高いです。足関節部に痛みや腫れ、皮下出血が認められ、歩行が困難となります。

原因

転倒・転落時の着地失敗による捻挫など、足関節に強い外力がかかったときに生じます。

検査・診断

主にX線検査により骨折の有無、および転位の程度が診断されます。程度によってはCT撮影が必要になることもあります。

治療

骨折の転位が少ない場合は、徒手整復やギプス固定での保存的治療が選択されます。転位が大きい場合や整復しても不安定な場合は、手術が必要になることがあります。

薬物療法

抗炎症薬(主にNSAIDs)を用いて、急性期の疼痛による不快を予防します。

リハビリテーション(保存的治療の場合)

最初は骨折部以外を動かすリハビリから始めます。移動は松葉杖を使用した歩行を練習します。X線検査で骨折部の状態を確認しながら、関節可動域練習や段階的な荷重練習を開始します。

当院のプログラム(運動・装具等)の目安

当院のプログラム(運動・装具等)の目安

リハビリテーション(手術の場合) ※基本的には手術した病院のプロトコルに準ずる

術後早期から関節可動域練習や筋力強化練習を開始します。移動は最初は車いすを用いる場合もあり、術後2週程度経過後からは荷重練習を開始します。

当院のプログラム(運動・装具等)の目安

当院のプログラム(運動・装具等)の目安

ADLでの注意点

急性期(受傷から3週以内)の歩行は再損傷を防ぐため、受傷側の足を常に前にして歩く歩き方を推奨します。また、この時期の正座やしゃがみ動作は避けましょう。

「リハビリテーションセンター」に戻る

草加整形外科内科

診察時間
午前9:00~12:00 午後14:30~18:30
休診日
日曜・祝日

048-927-5350(受付)

048-954-7751(リハビリ室直通)

FAX番号:048-922-6601

小泉医院遠絡医療センター

〒340-0016  埼玉県草加市中央1丁目1-18
 スカイツリーライン(東武伊勢崎線)「草加駅」東口より徒歩5分  交通案内