リハビリテーション

母指CM関節症(母指CM変形性関節症)

概要(疫学・症状)

40代以降の女性に多く発症します。症状は母指(親指)の付け根に痛みが出現します。最終的には関節周囲の骨が変形したり、関節が崩れて亜脱臼を起こすこともあります。

原因

根本的な原因は不明です。遺伝、性別、年齢、指先への負担をかける生活習慣/仕事といった複数の要因が重なることで発症すると考えられています。

検査・診断

レントゲン検査で診断可能です。

治療

鎮痛を目的とした薬物療法と生活指導等を目的としたリハビリテーションが実施されます。

薬物療法

疼痛緩和のための消炎鎮痛剤が処方されます。

リハビリテーション

現在までのところ、母指CM関節症に対する運動療法の予防・改善といった有効性は明確に示されていません。サポーターやテーピングを使用した患部への負担軽減や、手のケア方法を指導します。また、必要に応じて固定用の装具を対象者に合わせて製作します。

当院のプログラム(運動・装具等)の目安

当院のプログラム(運動・装具等)の目安

ADLでの注意点

手指への持続的・長時間の負荷は症状の増悪を招きます。調理や掃除など日常でよく行う動作で、長時間作業を続けていないか注意してください。

「リハビリテーションセンター」に戻る

草加整形外科内科

診察時間
午前9:00~12:00 午後14:30~18:30
休診日
日曜・祝日、夏期・年末年始休業

048-927-5350(受付)

FAX番号:048-922-6601

小泉医院遠絡医療センター

〒340-0016  埼玉県草加市中央1丁目1-18
 スカイツリーライン(東武伊勢崎線)「草加駅」東口より徒歩5分  交通案内