リハビリテーションセンター

変形性膝関節症

概要(疫学、症状)

変形性膝関節症は日本では約1000万人が罹患しているとされています。膝関節に疼痛を生じ、歩行、階段昇降、しゃがみなどの生活動作に制限を生じます。

原因

主な原因は膝関節の組織の退行性変化(加齢による変化)です。肥満や、負担をかけやすい生活習慣/仕事、スポーツ/事故での外傷は関節症を増悪させます。また、日本人に多い膝が内反している方は増悪のリスクがあります。

検査・診断

主にX線検査により診断されます。

治療

リハビリ及び薬物療法が実施されます。

薬物療法

抗炎症薬(主にNSAIDs)を用いた疼痛緩和を行います。

リハビリテーション

膝関節に負担をかけている原因を骨格・生活習慣などから探索し、それらの改善を図ります。場合によっては、靴や杖などの歩行補助具の提案を行います。期間は最短でも3か月は要す場合が多いです。

当院のプログラム(運動・装具等)の目安

当院のプログラム(運動・装具等)の目安

ADLでの注意点

膝に負担をかけやすい動作はしゃがみや正座です。また、歩きすぎや階段の上り下りも負担となることがあります。これらの動作を行う前は特にストレッチなどの準備運動を行うように心がけましょう。

「リハビリテーションセンター」に戻る

草加整形外科内科

診察時間
午前9:00~12:00 午後14:30~18:30
休診日
日曜・祝日

048-927-5350(受付)

048-954-7751(リハビリ室直通)

FAX番号:048-922-6601

小泉医院遠絡医療センター

〒340-0016  埼玉県草加市中央1丁目1-18
 スカイツリーライン(東武伊勢崎線)「草加駅」東口より徒歩5分  交通案内