リハビリテーションセンター

胸郭出口症候群

概要(疫学、症状)

腕の痛み、しびれ、重だるさなどの上肢症状、首~肩~肩甲骨の痛み、こり、手指の血流障害から、全身の怠さ、頭痛、めまいなどの自律神経症状を呈する ものまで人によって様々な症状が見られます。

原因

首から鎖骨周辺の「胸郭出口部」と呼ばれる部分には、背中、腕〜手指の神経や血管が通ります。この部位で神経や血管が筋肉や鎖骨に圧迫される「圧迫型」と、腕や肩甲骨が下に引き下げられ神経や血管が引き伸ばされる「牽引型」があります。圧迫型は怒り肩の中高年男性に多く、牽引型はなで肩の若年女性に多く見られます。

検査・診断

  • X線:肋骨と鎖骨、肩甲骨の位置関係を確認します。
  • モーレイテスト:鎖骨上部の筋肉を圧迫すると、背中や腕、手指に症状が再現されます。
  • エデンテスト:手のひらを外側に向けた状態で腕を後ろに伸ばすと手首の脈拍が弱くなります。

治療

基本的には手術適応とならず保存療法(リハビリ)が主体です。

薬物療法

消炎鎮痛剤や神経障害性疼痛に適応のある薬が処方されます。

リハビリテーション

鎖骨や肩甲骨を含めた「肩甲帯」が下に下がらない姿勢を目指します。脇や背中の筋肉のストレッチや、肩甲骨まわり・体幹の筋力強化を行い、姿勢を改善させます。症状が出にくい生活動作・姿勢の指導も行います。

当院のプログラム(運動・装具等)の目安

当院のプログラム(運動・装具等)の目安

ADLでの注意点

荷物をいつも同じ側の肩にかける、体の正面に対して左右どちらかを長時間向き続けるなどの動作は症状を悪化させる恐れがあります。

「リハビリテーションセンター」に戻る

草加整形外科内科

診察時間
午前9:00~12:00 午後14:30~18:30
休診日
日曜・祝日

048-927-5350(受付)

048-954-7751(リハビリ室直通)

FAX番号:048-922-6601

小泉医院遠絡医療センター

〒340-0016  埼玉県草加市中央1丁目1-18
 スカイツリーライン(東武伊勢崎線)「草加駅」東口より徒歩5分  交通案内