リハビリテーション

むち打ち損傷( 外傷性頚部症候群)

概要(疫学・症状)

一種の捻挫と解されて、頚椎捻挫とも呼ばれます。受傷の翌日〜数日後になって強い頚部痛と頭痛を自覚することが多く、頚椎の伸展制限を伴こともあります。また、しばしば嘔気・嘔吐がみられます。

受傷直後は興奮状態となるため痛みや症状を自覚しないことも多く、事故に合われた直後に症状がなくても必ず病院を受診することをお勧めします。

4つの分類

  1. 頚椎捻挫型
    むち打ち損傷で最も多く7〜8割を占めます。頸部周囲の軟部組織の損傷や捻挫による運動時痛による可動域制限を認めます。 通常2〜3週間程度で軽快することが多いですが数ヶ月症状が持続する場合もあります。
  2. 頚部交感神経
    頚部の交感神経及び椎骨動脈の障害により発生します。頚部痛、めまい、視覚障害、上肢の痺れと様々な症状がみられる不定愁訴を主体とします。
  3. 神経根型
    頚椎の伸展ストレスによる神経根の圧迫により発生します。頭部から上肢までの痺れが主症状となり、頚部の伸展動作にて症状の増悪がみられます。
  4. 脊髄型
    中枢神経である脊髄が障害された場合に発生します。頚椎の骨折や頚椎の変形を伴う比較的重傷な場合に多く発生します。 上肢の症状がメインとなりますが、下肢にも症状が起こることがあります。
    脊髄型の場合、保存療法では治療が難しく外科的治療が必要となることが多くなります。

原因

追突事故により頚椎が、過度に伸展し次いで反動で屈曲して生じる、いわゆる鞭のように首がしなることで組織が損傷します。損傷が頚部軟部組織(神経・筋・靭帯)にとどまり、頚椎の損傷、椎間板の損傷を伴わないことが特徴です。

原因

検査

診察にて問診を中心に受傷時の状況、症状の部位や程度を確認します。またレントゲン検査により骨折や変形の有無を確認します。

頚椎骨折や明らかに外科的処置が必要な場合は、より精密な検査・治療の出来る病院への紹介を行います。

治療

基本的に保存療法で対応します。
早期から頚椎カラーを装着しての頚部安静、消炎鎮痛剤の内服や湿布にて疼痛の緩和を図ります。急性期を過ぎてからは必要に応じて頸部の機能強化目的に体操指導等も行います。

治療

「リハビリテーションセンター」に戻る

草加整形外科内科

診察時間
午前9:00~12:00 午後14:30~18:30
休診日
日曜・祝日、夏期・年末年始休業

048-927-5350(受付)

FAX番号:048-922-6601

小泉医院遠絡医療センター

〒340-0016  埼玉県草加市中央1丁目1-18
 スカイツリーライン(東武伊勢崎線)「草加駅」東口より徒歩5分  交通案内