リハビリテーション

オスグッド病/ジャンパー膝

概要(疫学・症状)

膝にある腱の損傷や脛骨の剥離骨折をきたす疾患です。スポーツで膝の強い屈伸を頻繁に行う10-15歳の男児に多いです。発症すると膝関節に痛みを生じ、ジャンプやダッシュなどのスポーツ動作が困難となります。膝関節が腫れたり、屈伸ができなくなることはほとんどありません。

原因

成長期の骨格が未成熟な状態で、大腿四頭筋(太もも前の筋肉)の力を使いすぎることが原因です。損傷した部位により呼び名が変わります。

オスグッド・シュラッター病:
膝蓋腱が付着する骨(脛骨)が剥離骨折。
ジャンパー膝(膝蓋腱炎):
大腿四頭筋の付着する腱(膝蓋腱)の損傷。

検査・診断

オスグッド・シュラッター病:
レントゲン撮影における脛骨の成長板部の剥離の有無により診断されます。
ジャンパー膝(膝蓋腱炎):
レントゲン検査では判別困難なため、超音波エコー装置と疼痛などの理学的所見をもとに診断されます。

治療

薬物療法とリハビリテーションにて保存的に治療を行います。症状が強い場合、日常生活での負荷を避けるためにテーピング固定や装具使用なども行います。

薬物療法

抗炎症薬(主にNSAIDs)を用いて、急性期の疼痛による不快を予防します。

リハビリテーション

安静指導とコンディショニングに始まり、スポーツ動作の確認・指導を行います。同じスポーツを続ける方の場合、再発の可能性が高いので特に再発予防が視野に入ります。

当院のプログラム(運動・装具等)の目安

当院のプログラム(運動・装具等)の目安

ADLでの注意点

受傷直後の安静が大切になります。運動をされていて発症される方が多いため、しっかりとこの時期に休息をとり、日常生活での過負荷に注意してください。

「リハビリテーションセンター」に戻る

草加整形外科内科

診察時間
午前9:00~12:00 午後14:30~18:30
休診日
日曜・祝日、夏期・年末年始休業

048-927-5350(受付)

FAX番号:048-922-6601

小泉医院遠絡医療センター

〒340-0016  埼玉県草加市中央1丁目1-18
 スカイツリーライン(東武伊勢崎線)「草加駅」東口より徒歩5分  交通案内