リハビリテーション

シンスプリント

概要(疫学・症状)

すねの骨(脛骨)の骨膜や周囲の筋膜、筋線維が損傷/摩耗する疾患です。長/短距離走やサッカーなど日常的に高負荷のスポーツをしている方に多く見られる疾患です。部活動で運動量の増える中学・高校生のほか、体重が重い方にも起こることがあります。

原因

スポーツ動作などによるふくらはぎの筋肉(ヒラメ筋、後脛骨筋、長趾屈筋など)の使い過ぎが原因です。

検査・診断

超音波エコー及び疼痛部位などの理学的所見から診断されます。

治療

薬物療法とリハビリテーションにて保存的に治療を行います。症状が強い場合、日常生活での負荷を避けるためにテーピング固定や装具使用なども行います。

薬物療法

抗炎症薬(主にNSAIDs)を用いて、急性期の疼痛による不快を予防します。

リハビリテーション

安静指導とコンディショニングに始まり、スポーツ動作の確認・指導を行います。同じスポーツを続ける方の場合、再発の可能性が高いので特に再発予防が視野に入ります。

当院のプログラム(運動・装具等)の目安

当院のプログラム(運動・装具等)の目安

ADLでの注意点

受傷直後の安静が大切になります。運動をされていて発症される方が多いため、しっかりとこの時期に休息をとり、炎症が引く様日常生活での過負荷に注意してください。

「リハビリテーションセンター」に戻る

草加整形外科内科

診察時間
午前9:00~12:00 午後14:30~18:30
休診日
日曜・祝日、夏期・年末年始休業

048-927-5350(受付)

FAX番号:048-922-6601

小泉医院遠絡医療センター

〒340-0016  埼玉県草加市中央1丁目1-18
 スカイツリーライン(東武伊勢崎線)「草加駅」東口より徒歩5分  交通案内