リハビリテーション

運動器不安定症

概要(疫学・症状)

筋力やバランス能力が低下したことで歩行や日常生活動作が安全に行えなくなった状態をいいます。この疾患に至る前のロコモティブシンドローム(通称:ロコモ)は日本では予備軍を含めて4700万人が該当しうると言われています。

原因

骨折や靭帯損傷、変形性関節症や関節リウマチなどの運動器疾患をきっかけに、閉じこもりや寝たきりとなってしまって体力が低下してしまうことが原因です。

検査・診断

日常生活自立度判定基準および片足立ち時間などの検査結果をもとに診断されます。

治療

当院では運動療法を中心としたリハビリテーションを行います。

リハビリテーション

当院のプログラム(運動・装具等)の目安

当院のプログラム(運動・装具等)の目安

ADLでの注意点

日常生活での運動量が減ってしまうと、いくらリハビリテーションを実施していても疾患の進行を予防できません。意識を入れ替えてなるべく身体を使うように生活を送りましょう。

「リハビリテーションセンター」に戻る

草加整形外科内科

診察時間
午前9:00~12:00 午後14:30~18:30
休診日
日曜・祝日、夏期・年末年始休業

048-927-5350(受付)

FAX番号:048-922-6601

小泉医院遠絡医療センター

〒340-0016  埼玉県草加市中央1丁目1-18
 スカイツリーライン(東武伊勢崎線)「草加駅」東口より徒歩5分  交通案内