リハビリテーションセンター

腰椎椎間板ヘルニア

概要(疫学、症状)

日本における腰部脊柱管狭窄症患者は20-40歳で男性に多いとされています。症状は、腰痛、下肢のしびれや痛み、重症例では疼痛により歩行困難が生じます。

原因

加齢や繰り返しの脊柱への負荷により、腰椎椎間板の外側にある線維輪と呼ばれる支持機構が変性し、中身の髄核と呼ばれるクッション材が脊柱管内に飛び出すことがあります。それが下肢の神経組織を物理的に圧迫して下肢にしびれや神経痛などの症状を呈すほか、腰部の炎症により腰痛を生じます。

検査・診断

主にX線で初回検査を行った後、確定診断のためMRI検査を行い診断されます。

治療

治療の開始時は運動・徒手療法、生活指導のリハビリを実施します。リハビリによる改善を認めず、疼痛による生活制限や、下肢筋に運動麻痺を生じるような重度の症状を認めた場合、手術療法が推奨されます。

薬物療法

プロスタグランジンE1を用いた障害神経への血流改善、プレガバリンを用いた中枢神経の疼痛緩和、抗炎症薬(主にNSAIDs)を用いた疼痛緩和を行います。

リハビリテーション

脊柱に負担をかけている原因を骨格・生活習慣などから探索し、それらの改善を図ります。急性症状の強い方は患部の安静を最優先に適度な運動療法を行います。慢性症状の方は腰痛に関しては1-3か月以内での改善を目指します。

当院のプログラム(運動・装具等)の目安(急性症状)

当院のプログラム(運動・装具等)の目安(急性症状)

当院のプログラム(運動・装具等)の目安(慢性症状)

当院のプログラム(運動・装具等)の目安(慢性症状)

ADLでの注意点

脊柱への負荷は臥位(寝ている姿勢)が最も小さく、立位(立っている姿勢)、座位(座っている姿勢)、かがんでいる姿勢の順に負荷が大きくなります。負荷が大きい姿勢が長くならないよう気を付けてください。また、どんなに負荷の小さい良い姿勢でも身体を動かさないでいると血流を悪くしてしまうので、こまめに動くように心がけてください。

「リハビリテーションセンター」に戻る

草加整形外科内科

診察時間
午前9:00~12:00 午後14:30~18:30
休診日
日曜・祝日

048-927-5350(受付)

048-954-7751(リハビリ室直通)

FAX番号:048-922-6601

小泉医院遠絡医療センター

〒340-0016  埼玉県草加市中央1丁目1-18
 スカイツリーライン(東武伊勢崎線)「草加駅」東口より徒歩5分  交通案内