リハビリテーション

腰椎捻挫(急性腰痛症)

概要(疫学・症状)

腰痛捻挫はぎっくり腰や急性腰痛症などとも呼ばれます。
交通事故による強い衝撃により腰椎に過剰なストレスが加わり突然おこる痛みが特徴です。
腰椎自体に問題ないことが多く、その周りの筋や靭帯などが損傷したり炎症を起こすことで発症します。

症状

動いたときに腰や背中に走るような強い痛みが出ることが特徴です。
症状が強い時は動けないほどの痛みが出現することもあります。

症状

検査

問診にて、事故当時の状況や痛みの出かた、程度などから状態を把握します。
またレントゲンなどの画像所見にて腰椎自体に問題ないことがわかれば腰椎捻挫と診断されます。

治療

急性期は基本的に安静を心がけ、消炎鎮痛剤や湿布薬で疼痛コントロールを行います。

また当院では低周波やマッサージにて患部のケアを行い、疼痛軽減を図ります。

また日常生活に支障が出るような場合は、コルセットを装着して負担軽減を図ることもあります。

急性期を抜けた後は筋が凝り固まらないように適度な運動を行っていくことも必要です。

「リハビリテーションセンター」に戻る

草加整形外科内科

診察時間
午前9:00~12:00 午後14:30~18:30
休診日
日曜・祝日、夏期・年末年始休業

048-927-5350(受付)

FAX番号:048-922-6601

小泉医院遠絡医療センター

〒340-0016  埼玉県草加市中央1丁目1-18
 スカイツリーライン(東武伊勢崎線)「草加駅」東口より徒歩5分  交通案内